個人輸出入ビジネス

個人輸出入ビジネス

ネットビジネス環境の整備でハードルは下がりつつある

輸入・輸出に関しては、手続きも煩雑で語学も必要になってきますが、最近では個人で取り組む人も増えてきました。それはネットビジネス環境の発展によるところが大きいと思います。

海外の商品の仕入れる場合、昔なら現地に赴いてやり取りする必要がありましたが、最近ではe-bayやアマゾンなどのサイトで購入すれば日本まで届けてくれます。
逆に海外で商品を売る場合もe-bayやアマゾンに出品すればいいので自宅でできます。
語学も読み書きが出来ればよく、辞書を引きながらならなんとかなりますし、そもそも使われる文章は大体決まっているので慣れれば難しくないと言われます。むしろこの商売の肝は語学よりもいかに儲かる商品を見つけられるか、です。

 

稼げる額:多い
青天井です。

 

参入簡易度:普通
アフィリエイトなどのほかのネットビジネスと比べるとハードルは高いと言えるでしょう。

 

作業簡易度:やや難しい
作業は商品の出品、商品の仕入れや発送、問い合わせの対応、入金の確認などです。ネットショップやネットオークションと同じですが、外国人と外国語でやり取りするため簡易度は上がります。
しかし、作業の力の入れどころは商品の選定です。
はじめは商品に関して、日本人と外国人の感性の違いにとまどうかもしれません。逆に意外なものが意外な高値で売れることもあるのでそれはこの商売の醍醐味とも言えます。

 

稼げる確実性:やや低い
当然売れなければ儲けは0円です。日本人と外国人との感性の違いから、売れる商品を発掘することも容易ではありません。
ただし、日本・海外同時に売られている商品の価格差を利用した転売なら比較的高確率で稼ぐことができるでしょう。

 

稼げるスピード:やや遅い
商売のコツを身につけるのにはそれなりに時間がかかるでしょう。

 

安全性:普通
商品が売れないと赤字になります。また輸出入は輸送代もバカにならないので注意が必要です。

 

【コメント】
まだ参入者は少ないようですが、大儲けしたという話はちょくちょく目にします。