ネットショップ

ネットショップ

店舗面積∞。稼ぎは青天井です。

最近ではインターネットで商品を買うことが当たり前になってきているので、ほとんどの人にとってネットショップについても馴染みが深いと思います。一応説明するとネットショップはインターネット上で商品やサービスを売るための店(ウエブサイト)のことでEC(e-コマース)サイトとも言います。

ネットショップは実際の店舗に比べ、出店費用や維持費が極めて安く抑えられ、販売員などの人件費もかからないので低リスクの商売といえます。また、売り場面積はほぼ無限大なので非常に多くの種類の商品を販売する事ができますし、365日24時間営業にも苦労しません。実店舗に比べて非常に大きなメリットが数多くあります。

 

稼げる額:多い
青天井です。

 

参入簡易度:やや易しい
実店舗なら開店資金が数百万円かかる場合でもネットショップならせいぜい数万円です。ウエブサイトは素人でも独学で作成可能です。

 

作業簡易度:普通
作業はウエブサイトの運営、商品の仕入れや発送、問い合わせの対応、入金の確認などです。取り扱う商品に関しては専門知識が必要ですが、それ以外に専門知識が必要と言うわけではありません。ただし、実際に商品を取り扱わないアフィリエイトやドロップシッピングより簡易度は高いといえるでしょう。

 

稼げる確実性:低い
実店舗の店員なら時給制あるいは月給制なので働けばほぼ確実に給料はもらえますが、ネットショップの店長となると稼げないと給料は0円です。

 

稼げるスピード:遅い
ノウハウがなければ、すぐに稼ぐことは難しいでしょう。

 

安全性:普通
実店舗に比べ赤字になる可能性は小さいですが、それでも商品が売れなかったら赤字になります。

 

【コメント】
アフィリエイトやドロップシッピングは廃れることはあっても、ネットショップというビジネスは今後も成長し続けると思います。